中谷石材 採用情報

中谷石材株式会社 情報管理室渡邊隆志 2001年入社

垣間見えた人間関係の良さに惹かれて。

私は中途採用で入社しました。その時の就職活動中、面接を担当してもらった中谷石材の方の人柄や話し方に、他の会社と違う雰囲気を感じました。社内の人間関係の良さが垣間見え、「私もここで一緒に働きたい」と思ったことを憶えています。実際入社してみると、本当に働きやすい会社でした。入社当時、私は人と話をすることに苦手意識があったのですが、先輩達が人と話す機会をどんどん作ってくれて、気がつくと自分の壁を打ち壊すことができました。「墓石」というのは、人と人が関わり合う仕事です。中谷石材に入社することで、人と関わることの素晴らしさを学びました。

お客様の深い思いに応える仕事。

「情報管理室」は、いわゆる総務や経理の仕事を行っています。本社から全体の業務をサポートする部門と言えます。ただし、年に数回、当社が大きな展示会を開催する際には、情報管理室のメンバーも会場でお客様の対応にあたります。以前、その時に対応したお客様の依頼を、墓石建立まで担当したことがあります。普段と違う仕事でしたので拙い対応もあったと思いますが、お客様が最後まで私を指名してくれました。最後にいただいた「ここまで丁寧に対応してくれてありがとう」という言葉は、今も忘れられません。
 私たちが毎日向き合っているのは、数字や書類です。しかし、その向こう側にはお客様の深い思いがあります。単に事務の仕事をこなしているだけでは、その思いに応えられません。「どうすれば、お客様の気持ちに応えられるのか」と常に問題意識を持って、仕事に取り組んでいます。気が抜けませんが、だからこそやりがいがあります。

受け身ではなく、攻めの情報管理を目指す。

情報管理室には、全社のいろいろなデータが集まってきます。その中には、まだ有効に利用されていないデータもあります。今後は、そのようなデータの分析を進めていきたいと考えています。分析が進めば、経営戦略に利用出来ますし、社内外に発信できるものもあるはずです。受け身ではなく、攻めの情報管理室を目指しています。

他の先輩の声をチェック!