Q&A >> お墓について

代々墓を建てるケースが増えていると聞くが、本当ですか?
地域によっても違いがありますが、一つのお墓に何人もの人をまとめて祀る「代々墓(先祖墓/合祀墓)」が確かに増えています。「何々家之墓」などと彫ってあるお墓がこれにあたります。一方、自分自身だけを祀るために建てる墓のことを「個人墓」、夫婦を祀るものを「夫婦墓」と呼びますが、これらは徐々に減る傾向にあります。
生きている間にお墓を建てると早死にするとか、縁起が良くないとか聞いたが本当ですか?
全くそのようなことはありません。中国では生きている間に建てるお墓のことを「寿陵(じゅりょう)」と呼び、古くから“繁栄と長寿をもたらすとても縁起の良いもの”とされています。むしろ万が一のことがあってからでは、遺族の方がゆっくり吟味、選択される機会が取りづらかったり、当のご本人が直接確認したり、納得したりといったことができないことにもなります。次の世の住まいを持てて“安心”という心の遺産を得るという点でも「寿陵」には高い価値があると思います。
生きている間にお墓を建てると節税になるというのは本当ですか?
お墓は「祭祀(さいし)財産」とみなされるので、相続税や固定資産税の対象とはなりません。墓地を購入する場合でも使用権を取得するだけで、所有権の取得とはならず、不動産売買に伴う税金はかからないのです。生きている間に建てるお墓のことを「寿陵」と呼びますが、これにかかる費用は、相続税の対象額を減らすことにもなり、文字通り節税策となりえる訳です。また、「寿陵」は、次の世の住まいを持てて“安心”という心の遺産を得るという点でも大いに価値があるものです。
墓石を建てる予算は、通常どれくらいみておく必要がありますか?
一般に墓石は高価なものと思われがちですが、必ずしもそうとは限りません。使われる石種により、大きさにより、また形状によりといった風に、色々な要素によって実に幅広い価格帯があるものです。お墓は「一生に一度の買いもの」とか、「末代までの買いもの」などともよく言われます。それ程に希少で大切な買いものだけに、本当に信用、信頼ができるところでお求めになるのがポイントです。当社では、お客様のご予算に合わせて、誠心誠意でお見積り等をさせていただいております。
国産と外国産の石ではどちらが良いのですか?
同じ地球のマグマが固まったりしてできる自然の産物ですから、どちらが良いとか悪いとかいったことはありません。石の良し悪しは、むしろお客様の好みや石材店の石質選別度によって決まると言えます。当社では、国産、外国産ともに良品ばかりの選別にいつも注意し、プロの眼で厳選していますからどうぞご安心ください。
JA墓石の工事代金は、墓地の遠近や便不便により価格が変わることは無いのですか?
近くても遠くても、施工車輛が横付けできてもできなくても、どちらであっても原則として価格は変わりません。JAでは“一県下同一価格の原則”を採用し、お応えしていますからとても安心です。
新しいお墓を建てたいが既に建っているお墓より大きなものを建てても良いのですか?
基本的には、大小を気にされる必要はありません。ただ、先祖のお墓とあまりにかけ離れて大きいものは避けたほうが望ましいと言えます。また、既に建っているお墓を合祀し、それらの代わりに新しいお墓を建てるといった場合は大小を気にせず、全く自由な考えで建てるといいです。
開眼法要とは何ですか?
開眼とは「魂を入れる」という意味で、墓石は単に建てただけではただの石でしかなく、住職にお願いして開眼法要(供養)を行うことによって初めて礼拝の対象である“お墓”となる訳です。別には「入魂式」、「お性根入れ」、「魂入れ」などとも呼ばれます。開眼法要にはお墓が完成したことを祝うという意味があるので、親類縁者が集まり易い機会を選びましょう。また、法要の行い方は地域により、またお寺によっても多少違いがありますが、墓前で住職に読経をしてもらい、納骨を済ませ、最後に皆で会食をするという形が多いようです。
「寿陵墓」(生前建墓)でも開眼を行うのですか?
亡くなった人がいなくても開眼は行うのが基本です。出来れば郷里や先祖のお墓の土を一握り用意し、新しい墓石の納骨室へ撒きます。そして、住職に開眼の読経をあげていただくと、先祖との絆が強まり家内の安全や繁栄への願いが託されると同時に、単なる墓石ではなく礼拝の対象である“お墓”となる訳です。
閉眼とか、脱魂とかいうのは、何ですか?
新しい墓石等に「魂を入れる」ことを開眼と呼ぶが、それと反対に「魂を抜く」行為のことを閉眼供養とか、脱魂式あるいは「お性根抜き」とか呼びます。一般的には、墓前に線香や灯明をあげ、住職に読経をあげてもらって行います。今あるお墓を移動したり、改葬したりする時には、いわばそこに居る先祖の魂に先ずは仏事を行う挨拶をするといった意味合いのものです。「魂を抜く」ことによって、礼拝の対象である“お墓”から、単なる石とか墓地に戻すことになる訳です。
閉眼や開眼のときの住職へのお礼の金額は、通常どれくらいですか?
住職へ差し上げる謝礼のことは「お布施」と言います。元来はお布施はその方の力の限り行うとよいことなのでしょうが、今日では割合に合理的に決められています。一般的には、2~5万円の範囲かと思われます。現実には、お寺と檀家との従来の関係とか、格式とか、地域性とかいった様々な事情により異なりますので、住職や市町村の仏教会へ直接たずねると教えては貰える時代になっています。
納骨はどのように行えばいいですか?
遺骨を納める器としては、骨壷とか骨瓶が代表的ですが、サラシ等で袋を縫い、その中に遺骨を納めるという方法もあります。また、稀には、壺等から遺骨を出して墓石の納骨室内にそのまま撒いて納めるということもあります。家の考えや地域の慣習に合わせていずれかの方法で行うとよろしいです。
新仏の戒名等は、49日までに彫るべきですか?また、新しくお墓を建てる場合はそれ迄にした方が良いのですか?
特に四十九日迄にしなければいけないという事は有りませんが、納骨に間に合わせたいという考えから四十九日までに済まされる方がいらっしゃいます。他には、初盆や彼岸、あるいは一周忌を目処に間に合わされる方も多数いらっしゃいます。
今あるお墓へ故人の死亡年月日等を字彫りする場合、価格はいくら位かかりますか?
彫る字数などによって異なりますが、通常は2~3万円です。工事の方法も2通りあり、1つは、真石とか霊標とかを一旦預かり、加工工場にて彫刻した後、現地へ据え戻すといった方法です。もう1つの方法は、字彫職人が墓地へ赴き、現地で専用機械を据えて彫刻するといった方法です。これらの方法によっても価格が異なりますので、詳しくはご相談、お問い合わせください。
戒名(法名)は彫らなければいけないのですか?
お墓に入れる文字は必ずしも“こうでなければならない”と決まっているものでは無く、現実には彫っているものもあれば、全く彫っていないものもあります。だから、こだわる必要は無いのですが、戒名を彫るのが一番丁寧であるとは言えそうです。歴史的に見ると、お墓は一人一基の個人墓が本来だった訳で、その場合では戒名を彫ることが基本とされていました。
「墓地を買う」ことによって得るのは、所有権ですか?それとも使用権ですか?
「墓地を買う」とは表現しても、宅地の購入などとは異なり、「墓地の使用権を買う」ということで、土地そのものを所有する権利を買う訳ではありません。また、「永代使用権を買う」などとも表現されますが、これも「継承者がいる限り永代にわたってお墓を建てる土地を使用する権利を買う」ということになります。ですから、所有権は無く、遺族に継承はできますが、他人に譲渡や転売をしたりすることは原則としてできません。一方、個人の自宅の敷地内にずっと古くから墓地があったりすることがありますが、この場合は使用権ではなく所有権を持っていることもあります。
「墓地の一坪」とはどれくらいの広さですか?
ちょうど畳半分の広さにあたり、3尺四方(91センチメートル四方)になります。この一坪の広さを「一聖地」などと呼んだりすることもあります。
自分の敷地の中にお墓を建ててもいいのですか?
墓地埋葬法(墓地および埋葬に関する法律)では「埋葬または焼骨の埋蔵は、墓地以外の区域にこれを行ってはならない」と規定されています。だから、自分の敷地といえども墓地で無い以上は、遺骨を埋蔵し、そこにお墓を建てるというのはこの規定に反することになります。ただ、近親者を近くで祀りたいという思いはごく自然の感情でしょうし、この墓埋法ができる以前では田畑とか山あいにお墓を建てるということも珍しくはなかったようです。