磨き続けた技術「墓石」

  • 製品紹介
  • 寿陵墓
  • お墓について

寿陵墓で建てる人の「心を定める」

「寿陵墓」とは、生前に建てるお墓のことを指します。古来中国では、生前にお墓を建てることが長寿を授かる縁起の良いこととされていました。古書にも「寿蔵」「寿穴」「寿堂」の記載があり、秦の始皇帝をはじめ歴代の皇帝は皆、寿陵墓を建てています。
また、日本でも1500年以上の昔から生前にお墓を建てる習慣があり、例えば、堺市の「仁徳天皇陵」や南河内郡太子町の「磯長陵」(聖徳太子の墓)などは生前に建てられております。古くから生前にお墓を建てるとその一家が繁栄する、という言われもあり、仏教の考えでは、生前に死後の冥福を祈り、仏事を行うことは、「逆修」といい七倍のご利益があることだとされています。
何よりも、寿陵墓の一番の価値は、建てる人の「心が定まる」ことです。自分で気に入った場所を選び、石やふさわしい形などを決めることで安心感につながるという声もよく聞かれます。また、不慮の事態において限られた時間の中で慌ただしく取り決めなければいけない子どもに配慮して生前に選ばれる方も増えています。