磨き続けた技術「墓石」

  • 製品紹介
  • 寿陵墓
  • お墓について

お墓選びのポイントは「素材」「加工」「施工」「アフターケア」

墓石を選ぶ際、気にしておきたいポイントがいくつかあります。まず一つ目が素材。墓石は、原産地や採掘量、加工難易度、輸送コストによって価格が大きく変動するものです。これらのバランスを加味して厳選した素材がそろっていることが第1の条件となります。また、その素材を見極める確かな目と正確な加工も供えなければよい墓石とは言えません。石には非常にわかりにくい色むらなどもあり、時間が経過するとともにその部分の目立ちやひび割れといった事態が起こることもあります。さらに信頼のおける施工も重要なポイント。どんなに立派な墓石を選んでも現場での施工が悪ければ、墓石の価値が減ってしまいます。建てた後のメンテナンスについても考えておきたいものです。
墓石は、代々にわたって受け継いでいく永代のもの。だからこそ、価格にだけとらわれることなく、しっかりとした加工・施工からアフターケアまで任せられる石材店を選んでいただきたい、それが私たちの思いです。

墓相

「墓相」とは、お墓の形や建て方、向き、石の種類、お墓の環境などによって、お墓を持つ家族の家運や人生の吉凶を占うというもので、中国古代からの占術の一つです。
世間で聞かれる墓相には様々な説があり、その内容も違います。統計的な根拠もなく、その因果関係も明らかにされていないため、お墓の方向や形態、石質などについては、それほど気にする必要はありません。ただ、墓相においてよいとされるお墓の共通点は、日当たりがよく手入れが行き届いた、適度な大きさと敷地の広さを持つお墓であり、逆に高台にあるお墓や大き過ぎるお墓、日当たりや水はけが悪く、手入れの行き届いていないお墓などは不吉であると言わることから、結局のところ、墓相によって吉凶が決まるのではなく、建立後の参拝や清掃などへの取り組み方が、その人や家族の心の在り方に影響を及ぼし、吉凶となって現れてくるのだと思われます。
お墓を建てる上で大切なことは、故人や先祖を供養するという気持ちです。その気持ちがあるお墓こそが、良相のお墓であると言えるでしょう。

霊園・墓地

霊園・墓地には大きく分けて「公営」「民営」「寺院」の3つがあります。
公営墓地は、各都道府県や市町村など、自治体によって管理運営をしている墓地で、永続性が保証され、民営墓地に比べ永代使用料や管理料が安いこと、宗教を問わないことなどから人気があります。また石材店を自由に選べるのも他とは違う大きなポイントです。ただし申込資格が自治体ごとに決まっており、申込時期も限られています。
民営墓地は、財団法人や社団法人などの公益法人や宗教法人によって管理運営されている墓地で、駐車場や休憩施設、遊歩道などの設備が整った明るい墓地が多いのが特徴です。公営墓地と違い、常時募集しており、最近では宗派を問わないところも増えています。ただし、永代使用料や管理料が公営墓地と比べると割高であり、各墓地によっても差があります。また指定石材店制度を取っている墓地では別の石材店を利用すると入園料を支払わなければならないといった場合もあります。
寺院墓地は、寺院などの宗教法人が管理運営している墓地で、お寺の境内やそれ以外の場所にあり、そのお寺の檀家となることが原則となっています。最近では、境内を檀家用墓地として、境内以外は一般向けというところもあります。永代使用料や管理料はそのお寺の伝統や格式によって異なりますが、一般的に割高なことが多いようです。しかし法要の際の行き来や日ごろに僧侶の回向が受けられるというメリットも多々あります。

霊園・墓地選びの際のポイント

  • 交通の便が良いか
  • 霊園、墓地の管理経営がしっかりとしているか
  • 施設は充実しているか(駐車場や水汲み場の位置など)
  • 価格面で納得できるか

どの霊園・墓地にも、一長一短がありますので、ご自分の環境に合ったものを選ぶのが大切です。また、各霊園・墓地には利用規則がありますので、墓地購入の際は、必ず事前に規則遵守が可能かどうかを確認してからご購入ください。

備品・用品

お墓の形式は多種多様で、備品・用品も数多くあります。見事に刻まれた芸術品の数々は、空間に彩りを添えてくれます。

花立て

水鉢を挟むように左右対称に配置される花立て。花立て台を墓石から取り外すことができるものと、墓石や水鉢と一体になったものがあり、最近ではステンレス製やプラスチック製の花立ても普及しています。

香炉

拝石の上に置き、お線香を立てる香炉。お線香を立ててお供えする「立置型」と、寝かせてお供えする「くりぬき型」があります。くりぬき型には、屋根型、経机型、角型など様々なデザインがあります。

水鉢

お水を入れる水鉢も花立てと同様に、墓石と一体になった「切り出しもの」と、別づくりするものとがあります。正面から見て中央の一番目立つ位置に置かれるため、ここに家紋を刻むケースも多いようです。

塔婆立て

浄土真宗以外の仏教では供養のために塔婆を立てるしきたりがあります。塔婆立ては墓石の背面か外柵に組み込まれた形で設置されます。材質は石材のほか、ステンレス製のものがあります。

墓誌

故人の戒名や生年月日、没年、生前の経歴などを刻む墓誌。戒名や俗名は墓石に刻むのが通常ですが、長くなると書ききれなくなるため墓誌を設置します。長方形の板状のものが一般的ですが、最近では円筒状のものもあります。

燈籠(灯篭)

故人への供養、または邪気を払うという意味合いがある燈籠。お墓の入り口や墓石の横に左右一対、あるいは一基のみ設置されます。角墓前型、丸墓前型のほか、小型の前置きタイプや雪見燈籠型もあります。

経机(供台)

墓前に据えられるお供え物を置く石台のことです。

つくばい

本来はお墓参りの前に手を洗い清める手水鉢。最近では装飾品として置かれることが多いようです。

玉砂利

墓地内の石のない部分に敷き詰めるもので、別名を化粧砂利といいます。種類によって色が違うため、墓石との色の調和を考えて選ぶのが大切です。また雑草を防ぐという役割もあります。